2013 1月13日(日) はれ   

d0134004_18183988.jpg
レコーディング話の続きです。

藤原歌花さん率いるカルテットの皆さん。

曲の歌詞やイメージを伝えたとたんに、音がまとまり、弦が絵を描きはじめました。

踊るように、幻想的に、情熱的に、イメージが変わると音色も変わります。

音は理屈じゃなく、やっぱり心なんですね。

d0134004_18182620.jpg
こちらは、チェロのソロのレコーディングの様子。

アレンジャーの飯田俊明さんが、イメージを伝えて下さっている所です。

飯田さんは、アレンジャーだけでなく、ピアニストとして平原綾香さんなどのサポートをされています。

今回、私の世界観を繊細に素直に表現して下さいました。

乞うご期待です!

d0134004_18181358.jpg
チェロの寺井創さん。

さすがプロフェッショナル!

初見の楽譜であっという間にOKテイクでした。

飯田さんのピアノと寺井さんのチェロ。

素敵すぎです。

d0134004_1818049.jpg
「めふく」にもひょうたん好きのスタッフがいますが、まさかレコーディングでもひょうたんが登場するとは思いませんでした。(笑)

曲を聴いて、ひょうたんを持った神様が数人登場するというイメージを描いて下さったようです。

曲の出来上がりを想像して、音を選び、演奏する。

考えて来て下さったイメージがピッタリ曲にはまり、鳴りものが曲を立体的に、リズムが曲を一つに繋げてくれました。

d0134004_18174350.jpg
そんなパーカッションを演奏して下さったのはヤヒロトモヒロさん。(右)

全身の筋肉で指先の小さなシェイカーをコントロールされたかと思ったら、大きな太鼓をズドーンと鳴らしたり、ヤヒロさん自身が神様みたいな方でした。

リズムは血から湧き出るもの言いますが、ヤヒロさんのリズムは、世界の風景が見えるような気がしました。

今回はスケール感の大きなアルバムを目指しているので、世界観にピッタリ!

左はアレンジャーの未知瑠さん。才能あふれる方で、いつも良い刺激を受けています。

夢のようなレコーディングはあっという間に終わってしまったけど、音色は作品として永遠に残ります。

早く、みなさんにお届けできるように頑張ります!
[PR]

by Utakoto | 2013-01-13 18:58 | 水泉動*シミズアタタカヲフクム

<< 2013 1月24日(木) はれ 2013 1月12日(土) はれ >>