<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

2008 1月30日(水)くもり   

d0134004_0513958.jpg
東寺の初弘法にて衝動買いをした古い試験管立て。

値切ることがお約束の骨董市。

千円を五百円にしてもらいました♪

雑貨屋さんで小さな百円の小瓶を見つけたのでさっそく使ってみることに。

雪の積もる大原の川原で、小さな芽のついた枝と形の良い葉っぱをほんの少し拝借。

真依子流に生けてみました。


すくっと枝が立っているので、たった今「立春」と命名。(笑)

ゆきやなぎ、ねこやなぎ、なでしこ、秋桜・・・。

ひょろりとした花が似合いそうなこの試験管立て。

これから、いろいろ楽しめそうです。
[PR]

by Utakoto | 2008-01-31 01:09

2008 1月24日(木)ゆき   

d0134004_16375042.jpg
京都は朝から雪がちらついていました。

そんな中お気に入りのブランドmina perhonenの直営店が京都にあるので
自転車で行ってきました。

「自然と調和するこころ」がコンセプトのこのブランド。

服を見に行くというよりは作品を見に行くような感覚。

和のものからインスピレーションを受ける事が多いとか。

この京都の直営店はデザイナーさん自らがお店のコーディネイトも手がけられ、料理を引き立てる器のように、空間全てにこだわりが感じられます。

デパートで同じ服が並んでいてもそのお店で見るとかわいさアップ!!
やっぱりトータルコーディネートって凄く大切なんだなぁ。

気に入ったバッグがあったので奮発して購入♪
すると、かわいい豆皿と近くのカフェでコーヒーか紅茶が飲める
「sampo coin」という名のボタンのついた枝折りをもらいました。
このにくい演出が最後まで嬉しい気持ちにさせてくれます。p(^^)q
帰りについ、春物のワンピースを予約・・・。

明日から食費節約、ついでにダイエット!!
灯油も高いしなぁ・・・。(-.-;)
[PR]

by Utakoto | 2008-01-24 17:24

2008 1月22日(火)くもり   

d0134004_1434834.jpg
d0134004_1445392.jpg
寒い日が続きますね。

今、京都のアトリエに熊笹を生けた鉄瓶を飾っています。
火鉢に鉄瓶をかけて、おいしいお茶でも入れたいなぁ。

いつも、鉄瓶を眺めて思っていました。

今日、大家さんの家にお邪魔すると、
火鉢が当たり前のように畳の上に座っています!

炭がチカチカと何か話しかけているようで、
いつまで見ていても飽きません。

手をかざすとあったかさが身に染みます。

寒いからこの良さがわかる。

こんな日はちらちら降る雪も歓迎したくなります。
[PR]

by Utakoto | 2008-01-22 14:45

2008 1月21日(月)くもり   

d0134004_23152628.jpg
今日は、東寺の初弘法。
あちこちの露店で、色とりどりの着物が曇り空に冴えて、
小さな盆栽たちが、春の訪れを感じさせてくれました。
ちょっと前の私は、かわいくて華やかなものに目を奪われがちだったけど、
最近は地味な地色に赤がキラリと光っている古布に惹かれます。

弘法さんに立ち寄る前に、美術館「えき」KYOTOで行われている、
日本画「鏑木清方」展を観て来ました。
どれもこれも日本情緒あふれる見とれてしまう絵ばかり。
その共通点は絶妙な赤のスパイス。
袖の中からちらりと見える赤。
帯締めの赤。
かんざしの赤。
侘び寂びのきいた美を感じました。

私も侘び寂びの効いた名品を探そうと、
耳たぶが凍りそうな寒さも忘れてお宝探しに没頭!
でも、結局へんてこな物を衝動買い・・・。
また、のちほどアップしたいと思います。(ーー♯
[PR]

by Utakoto | 2008-01-21 23:04

2008 1月11日(金)くもり   

d0134004_12565286.jpg

「坊主が屏風に上手に坊主の絵をかいた」
「真依子が舞妓さんのCD『こいまいこ』でkoto弾いた」
という事で、完成したCDが送られて来ました!

円広志さんの「京都遠恋物語り」という曲を初々しい舞妓さん3人が歌われています。
ちなみに私はイントロと「MY MY MAIKOは〜♪」というサビのバックで演奏しています。
この歌詞、「とんでとんで」以上に頭から離れません・・・。

京都限定販売ですが、ネットなら全国で購入可能なんだそうです。
もし京都の扇子屋さん、友禅染のお店、飲食店などで見かけたら、
是非お土産にどうぞ。五百円という事で、良いご縁が百倍あるかもしれません・・・。

おあとがよろしいようで。
[PR]

by Utakoto | 2008-01-11 13:01

2008 1月10日(木)はれ   

d0134004_1784517.jpg
 傾いた「鈴」。

「ちりんっ」って音が聴こえる気がしませんか?

山下景子さんが昨年末に出版された

「耳を澄ませば聴こえてくる音の日本語」

の1ページです。

またもや、為になるとっても素敵な本です。
是非、書店にてご覧下さいませ。
[PR]

by Utakoto | 2008-01-10 17:23

2008 1月9日(水)はれ   

d0134004_10575065.jpg
京都の町家には、まだ見ぬ同居人が暮らしています。
それは、今年の干支「ねずみ」くんです。

甘い物が好物らしく、夜おやつを出したままにしておけば、
必ず朝にはかじられています。
実家から京都に戻ってきた時にはもう大変!
まだ封も切っていない玄米茶の袋を破ってお茶の葉っぱが散らかり放題!!
おまけに、いつもチョンチョンと小さな足跡を残していくのです・・・。
「やられた〜!」と思う反面、ちょっとおかしくて笑ってしまいます。

ふと、小公女セーラの話を思い出しました。
セーラは貧しい食事にもかかわらず、パンのかけらを屋根裏のネズミにまで分け与え、話の結末には世界一のお金持ちになるのです。

「ねずみくん、私のおやつが欲しければ食べてくれてもかまわないよ。」
「その代わり、わかっているだろうね・・・。」\(¥_¥)
[PR]

by Utakoto | 2008-01-09 11:13

2008 1月7日(月)あめ   

d0134004_202926.jpg
新年会ライブ、沢山のお客さんで嬉しかったぁ!
遅くなりましたが、皆さんありがとうございましたっ!!

今日は春の七草。
お正月の”だらだらつまみ食い生活”への別れを決意して、
七草粥を作りました。
子供の頃は、「せり」に似た「クレソン」が家の畑沿いの小川にうじゃうじゃと生えていて、お母さんから、「この葉っぱはフランス料理にも使われるんだよ。」
と聞いてから、「うちの畑ではフランス料理の野菜が採れるんだ。」というのが
幼い私のプチ自慢となっていました。

私は昨日、一昨日とNHKスペシャル「世界里山紀行」に釘付けになっていました。
中でも、ポーランドの湿地帯での生活には感動しました。
人も自然と同じ生と死のサイクルの中に生きている事、自然に逆らわない事が人にとっても幸せだという事をちゃんとわかって暮らしてる。
コウノトリも虫も草も牛も人も、みんなお互いを必要としている。
それぞれが、生き生きとたくましく生きている姿が眩しく見えました。

今日から世間は本格始動!
目まぐるしく変化する世の中に、さっぱりついて行けない私にできる事は、
大切なものを見失わないでいる事かもしれません。
「おかえりなさい」って疲れた戦士にお茶を入れる事なのかもしれません。
皆さん、今年もバリバリ頑張って、時々ライブに帰って来て下さいませ。
いつでも、変わらずにお待ちしています!!

[PR]

by Utakoto | 2008-01-07 21:02

2008 元旦(火) ゆき   

d0134004_1127951.jpg
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします!!

仕事納めでもあった、30日のイベントライブに来て下さった皆さん、
どうもありがとうございました!
昨年は、私らしいのんびりした一年でした。
お正月は実家でこたつにみかん、そして、
世界にたった一つの”はんてん”の3点セットでのんびり中。
この綿の入った”はんてん”は京都の和裁の得意なご近所のおばあちゃんの手作り。
赤い椿模様がお気に入りで軽くてあったかくて「はぁ〜幸しぇ♪」

今年も人とのつながりを大切に毎日を丁寧に暮らしていきたいな。
そこから生まれる曲がこの”はんてん”のようにあったかいものになりますように。。

大晦日の夜、家族で「なんかお正月って感じがしないねぇ。」
「やっぱり雪が降ってた方がお正月らしいねぇ。」なんて
のんきな会話をしていたら、
元旦から気象速報で「滋賀県北部大雪警報」!!
いやいや、なにもそこまで降っていただかなくても・・・。(苦笑)
どうか、新年会ライブに無事にたどり着けますように。

只今、最終予約を受け付け中!!
新年会ライブならではの限定曲や、新曲など盛りだくさん!!
皆さんお正月ぼけのまま、ゆる〜く遊びに来て下さいませ。
[PR]

by Utakoto | 2008-01-01 17:56